最近のトラックバック

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 2度目の遍路 | トップページ | 車で四国に里帰り!・・・与島PA »

2012年5月13日 (日)

「県庁おもてなし」を読む

Photo私、偶々本屋で見付けた「阪急電車」を読んで以来、有川浩さんの本が好きである。

「県庁おもてなし課」はそんな有川さんが書いた「地方の観光」の話である。

舞台は高知県。北海道や九州といったメジャーな観光地ではない四国は、観光客が少ない分、手つかずの田舎が残されているのであるが、そんな四国の魅力をいかんなく感じることができる。

何もないけど、光は降り注ぐ。そんな高知を面白いと思う気持ち、ここに観光客を呼び込みたいと思う気持ち、そして故郷を愛する気持ちがよく伝わってくる。

お客様の目線で考えてみること。
前例にとらわれず、柔軟に対応していくこと。
アイデアは現場に転がっていること。
とにかくやってみること。
スピード感をもって仕事に臨むこと。

明日からの仕事への大きな刺激にもなる。

「高知の人は自分の持ち物(高知の素晴らしさ)の価値に無頓着」
                 ・・・以前、住んでいた香川でも全く同じだっだ。

地方には、「憩い」が溢れている。

あぁ馬路村に行ってみたい。宍喰を再訪したい。
瀬戸内海の島でのんびりしたい。



« 2度目の遍路 | トップページ | 車で四国に里帰り!・・・与島PA »

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

有川さん、素敵な物語をお書きになりますよね。この作品も阪急電車のように映画/ドラマ化されるでしょうか。阪急電車が映画化ばっちりだったので期待しちゃいます(*^-^)

この記事へのコメントは終了しました。

« 2度目の遍路 | トップページ | 車で四国に里帰り!・・・与島PA »